No.3336へ返信

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
題名
メッセージ
文字色
アイコン
アイコン一覧
ファイル
削除キー

記事一覧

No.3336進化するシーザーズパレス

アップロードファイル 3336.jpg

ショーを止めるな
文責 山本 智行 (やまもと・ともゆき)
2019年 9月 5 木曜日 11:36

1966年にオープンしたシーザーズ・パレスは、世界最大のボクシングマッチの多くを主催してきたことで、長年ボクシングファンに聖地として親しまれてきた。しかしながら、時と共にこの有名施設はミュージカルや様々なジャンルの食事など他の形式のエンターテイメントへと移行してきた。IAGは、シーザーズ・エンターテインメントのエンターテイメント部門社長、ジェイソン・ガスワースト氏に、多様かつ質の高いエンターテイメント体験を提供する大切さについて話を伺った。
シーザース・パレスの「コロセウム」は世界の歌姫セリーヌ・ディオンのラスベガスの定期公演「A New Day」に合わせて建設され、2003年にオープンした。音楽業界誌「ビルボード」は、過去10年で最高のライブコンサート会場と称えた。

16周年を迎え、今年の4月には大規模改装が発表された。完成すれば、最新鋭の音響システムや可動式照明装置、高解像度LEDビデオウォールのほか、ラスベガスで初めてかつ唯一となる、ボトルサービス付きVIPテーブルやメインフロア席用の自動昇降座席システムが導入されることになる。この新しい座席システムによって、演目に応じてフロアプランを変更できるようになる。
シーザーズ・エンターテインメントはまた、コロセウムの運営権も取得しており、業界最大手のプロモーション会社、ライブネーシ ョンとの間で合同プロモーション契約を交わした。今秋の再オープン後に公演を予定している最初のアーティストの中には、歌手のロ ッド・スチュワート、コメディアンのジェリー・サインフェルド、そして「ポップの女王」マドンナなどがいる。

IAG: なぜシーザーズのような会社の成功にとって、質の高いエンターテイメントがそれほど重要なのか?

ジェイソン・ガスワースト: シーザーズ・エンターテインメントがセリーヌ・ディオンの居住を祝うパフォーマンスのために、2003年にラスベガスのシーザーズ・パレスにコロッセオを建設したとき、私たちは知らないうちに、IRエンターテイメントにこれから現れるであろうトレンドの中で、最もホットなものをライブショーで引き起こしました。それまでは、スーパースターが長期間「居住」するために単一の建物に定住するのは聞いたことがありませんでしたが、私たちは極めて重要な成功を経験しました。
シーザーズ・パレスでセリーヌと16年間にわたり1,000回以上のショーを行い、大成功を収めたことで、エルトン・ジョン、ブリトニ ー・スピアーズ、バックストリート・ボーイズ、ジェニファー・ロペスの公演につながった。また、クリスティーナ・アギレラ、グウェン・ステファニー、マライア・キャリー、スティングらを引きつけ、私たちの象徴的で受賞歴のあるシアターでの定期的公演を開催することができました。


IAG: エンターテイメントに対するシーザーズの取り組みをどのように説明するか?

JG: 当社は品質に明らかな重点を置きつつ、多様性にも焦点を当てています。スーパースターが居住する大きな部屋から小さなショールームまで、私のチームは、驚くほどの才能を持つ多様でダイナミックなパフォーマーによる最高のエンターテイメントをゲストに楽しんでいただけるよう熱心に取り組んでいます。

IAG: 文化的にも年齢的にも、これほどまでに幅広い顧客層にケ ータリングするポイントは何か?

JG: 品質です。ショーがエネルギッシュ、エモーショナル、ロマンチック、伝統的、騒々しいまたは陽気なもののどれであっても、私たちは、品質とお客様に広く知られたシーザーズ・エンターテインメントの卓越した基準を満たす制作に焦点を当てています。ショーがどの年齢層や出身地のお客様にアピールするものであっても、まずは高品質な作品でペアを組むという点から始めます。

IAG: 現在の動向をどのように見ているか?特にIR環境に関して、今人気のあるものは何か?

JG: レジデンシーモデルの人気は今ではとても大きいので、もはやトレンドとは言えないと思いますが、私たちが現在特に注目していることに間違いありません。

panda.gif 管理人(ジュカ) - 暗黒騎士(107回)

2019/12/22 (Sun) 15:53

No.3337Re: 進化するシーザーズパレス

IAG: 日本市場の初期の印象は? (編集者追記:こちらのインタビューはシーザースがまだ日本のIRライセンス取得の活動をしていた時に行いました。本誌の発行の直前にシーザースはその活動の中止を発表しました)

JG: 能や歌舞伎などの伝統芸能から、Jポップ、アニメ、ユニークなロボットパフォーマンスを含むテクノロジー主体の展覧会といったより現代的なエンターテイメントまで、日本のエンターテイメントの現況は非常に豊かです。これらの文化的な差別化要因こそ、日本を世界中から多くの観光客を呼び込む魅力の中核です。そのため、将来を見据えて、私もしばしば日本に行き、関係者と会っています。
それと同時に、日本人は多くの西洋のアーティストやミュージシ ャンの熱心なファンであることにも気づきました。例えば、私たちが2019年に主催したセリーヌ・ディオンの東京ドーム公演は完売となり、人気の凄さを物語っていました。言うまでもなく、アジアの人々は、これら人気のあるイベントのために旅行する意欲も持っています。このダイナミックな動きは、日本がアジアのエンターテイメントの中心地としての役割を果たし、国内外の観光客を呼び集める独自の機会を生み出しています。
日本の変革的なIRは、伝統芸能や現代の舞台芸術を紹介する一方、世界最高のパフォーマーによる公演も開催する「ステージ」となるでしょう。


ラスベガス・ストリップのプラネットハリウッドで行われているグウェン・ステファニーの18か月に及ぶ常設公演が終わりに近づいている

IAG: アメリカ市場にあまり向いていないユニークなエンターテイメントを日本で試してみる機会はあるだろうか?

JG: 日本人にも海外の人にもアピールする作品を試す機会は十分にあると思います。例えば、日本のテクノロジーやロボット技術を業界のあらゆる面で取り入れることにより、非常に興味深い融合作品を作り出せる可能性があります。
ラスベガスのプラネット・ハリウッド・リゾートでのクリス・エンジ ェル・マインドフリークは、パナソニックの技術を使用せずには実現不可能であろう画期的なイリュージョンを伴う視覚的なショーです。世界で最もクリエイティブな才能と世界最先端技術とが融合する可能性を想像すると、ワクワクします。

IAG: ラスベガスの非ゲーミング分野は全収益の70%に達しようとしているが、例えばマカオでは、それが約10%にとどまっている。日本ではどのようなものになるのか、またその理由は何か?

JG: 日本が既に提供している豊かな芸術、文化、エンターテイメント、料理のおかげで、日本はゲーミングと非ゲーミング分野の収入のバランスがとれると確信しています。日本のIR開発に利用できるゲーミングの強調を抑えるローカルコンテンツが非常に多く、これが今度は非常にダイナミックで多様なゲスト体験を生み出しています。ラスベガスは、非ゲーミング分野がゲーミングと適切に組み合わさったときに、強力な呼び物や経済的原動力となり得ることを世界的に証明してます。

https://www.asgam.jp/index.php/2019/09/05/the-show-must-go-on-jp/
-----------------------------
IR事業の審議されている日本ですが、日本でもラスベガスのセリーヌのようなショーを大いに楽しむことが出来る滞在型のリゾート施設ができることは素晴らしいことですし大歓迎です。実際私も何度もラスベガスのシーザーズでセリーヌのショーを楽しんだ一人ですから。しかしカジノ設置については、皆さんが心配する治安の悪化や依存症の方が増えないような仕組みづくりを是非ともお願いしたいです。

panda.gif 管理人(ジュカ) - 暗黒騎士(108回)

2019/12/22 (Sun) 15:55